国家資格の社会保険労務士を取るメリット|通信講座でも人気

プロにチェックしてもらう

履歴書

最高の自己アピール書類

志望理由書を書く機会は、主に入試や就活で書類を提出する場合です。特に、就活ではほとんどの企業がまず志望理由書の提出を求めて、それをベースに面接試験を行います。志望理由書の内容に問題がある場合や光るものがない場合は、面接試験に進めずに落とされてしまうこともあるほど、重要な書類です。志望理由書は、相手方に対して自分をアピールする最初のチャンスなので、できるだけ丁寧に書かなければなりません。色々な企業に応募をする場合、その企業に応じた書類を都度作成することは大変です。しかし、頑張って書いた書類は必ず相手に伝わります。志望理由書を作成しても、そのまま提出するわけにはいきません。第三者に内容を添削してもらい、何度も書き直して自分なりに最高の志望理由書を作成する必要があります。添削において重要なのは、添削することに慣れている人に依頼をすることです。同世代の友人や家族では、志望理由書の添削などあまり慣れていない場合があります。例えば、応募しようと思っている企業に先輩がいる場合は、そういったツテを利用することも手段です。または、通信制の添削講座を利用することもお勧めです。費用はかかりますが、添削し慣れているプロの講師にアドバイスをもらえる貴重な機会です。その添削をチェックして書き直すという作業を繰り返せば、質の高い志望理由書が完成します。志望理由書は志望者全員が提出するものなので、しっかり差をつけられる書類を書くべきです。