国家資格の社会保険労務士を取るメリット|通信講座でも人気

履歴書

プロにチェックしてもらう

志望理由書は、主に就活の機会で書くことが多いです。なぜ応募したかとか自分の長所などを書くのが一般的です。ここで最も大切なのが、書いた書類を添削してもらうことです。プロの講師に添削してもらい見直すことで、最高の志望理由書が完成します。

社労士の勉強方法

セミナー

難易度の高い試験です

社会保険労務士とは労働関連法令や社会保険法令に基づいた書類などの作成代行などを行ったり、労務管理や社会保険に関する相談や指導などを行ったりする人のことをいいます。社会保障制度に関係することに携わり、企業で働く人に関するスペシャリストなのです。社会保険労務士になると企業の労務・人事・総務部門で働くことになりますが、中には独立開業して活躍する人もいます。社会保険労務士は国家資格であり、年に1度国家試験が実施されます。試験は完全マークシート方式で行われています。非常に難しい試験として知られ合格率は7〜8%程度であり、年によっては2%台ということもあります。そのため社会保険労務士の資格を取るためには、しっかりした試験対策が必要です。独学で社会保険労務士する人もいますが、試験範囲も広いため講座を受講するのがベストでしょう。難易度が高い試験を突破するためには、プロの講師が関わる講座を受けたほうが効率よく試験勉強ができます。資格の専門学校に通う方法もありますが、そんな時間が取れないという人は通信講座で学ぶことをおすすめします。ただし通信講座もいくつかあり、どれが良いか迷ってしまうかもしれません。やはりテキストだけではなく、映像を見ながら講座を受けられるところが良いです。更にハイビジョンで映像が見やすく、通信講座のために撮影されているものを選ぶと臨場感が出て、実際に講義を受けている感覚になるので、聞いたことが吸収しやすくなります。これらのポイントを抑えて質の良い通信講座を選んでみましょう。

原稿用紙

どう書いていいのか

大学や企業などでは、試験の時に小論文などが重視されます。しかし、小論文は、通常の作文と書き方が異なるため、戸惑ってしまうという人も沢山います。スムーズに書けるようになるためには、通信添削講座が最適です。添削講座では、初めての人でもきちんと教えてもらえるため、短時間でマスターすることができます。

文房具

自分のペースで学習する

通信講座を利用するメリットは、自分のペースで学べることや、場所を選ばす、忙しい人でも学習を続けやすい点です。独学では受けられない、サポート体制もあります。また学校やスクールに通うより、安い費用で済むことも通信講座が選ばれる理由です。